公道カメラ設置及び運用要領

(目的)
第1条 この要領は、株式会社Acculusが神奈川県鎌倉市山ノ内地域に、「防犯、防災、人流解析のためのシステム開発及び実証実験」を目的として設置するカメラの設置及び運用について、必要な事項を定めることにより、個人のプライバシー保護に配慮し、適切な管理運用を行うことを目的とする。

(設置場所・撮影範囲等)
第2条 カメラの設置場所は、神奈川県鎌倉市の北鎌倉駅前公道近辺に設置し、その公道を撮影範囲とする。

2 カメラ設置場所のカメラ機材に「カメラ撮影中」と記載した表示板を掲示するものとする。

3 カメラ設置の日時は、毎日ではなく、数週間から1週間に1日程度の頻度で、日中のみとする。

(管理責任者の指定等)
第3条 カメラの適正な設置及び運用を図るため、管理責任者を指定するものとする。

2 カメラの管理責任者及び操作担当者は、以下とする。
 事業社名:株式会社Acculus
 管理者:笹尾幸良
 Eメールアドレス:info@acculus.jp

3 管理責任者及び操作担当者以外の者によるカメラの操作及び記録データの操作は、禁止するものとする。

(画像の管理)
第4条 画像の漏えい、滅失、改ざん等を防止するため、次に掲げる措置を講じるものとする。

(1) 画像の保管場所は、管理責任者事業社内とし、原則として外部への持ち出し及び転送を禁止する。

(2) 画像の保管期間は、5年間とする。

(3) 画像の消去は、初期化又は上書きにより行うものとし、記録媒体を処分するときは、破砕又は復元できない完全な消去等を行い、画像が読み取れない状態にするものとする。

(画像の利用方法)
第5条 記録したデータに映る人が誰かを、電子計算機により認識する処理は禁止するものとする。また特定の個人情報を検索できるよう体系的に構成することはせず、個人情報保護法に定義される「個人情報データベース等」及び「個人データ」は構成も所有もしない。

(撮影された画像の利用・提供の制限)
第6条 プライバシー保護のため、画像を第三者に閲覧させ又は提供することを禁止するものとする。ただし次に掲げる場合は必要性を判断した上で、画像の提供をできるものとし、管理責任者の許可を得た上で、提供するものとする。
(1) 法令に基づく場合
(2) 捜査機関等から犯罪・事故の捜査等のため情報提供を求められた場合
(3) 人の生命、身体又は財産に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合

(苦情処理)
第7条 管理責任者は、苦情や問合せに誠実かつ迅速に対応するものとする。

(保守点検)
第8条 管理責任者は、カメラの機能の維持のため、定期的に保守点検を行うものとする。

付 則
この要領は、令和3年5月9日から施行する。